Delphi XEのリファクタリング機能でソースコード変数名からフィールドを宣言する

Delphi XEのリファクタリング機能を使うと、ソースコード変数名からフィールドを宣言することができます。

おもむろにコードを書く。

procedure TForm1.Button1Click(Sender: TObject);
begin
  FFlag := true;
end;

「未定義の識別子 ‘FFlag’」という警告が表示される。

変数FFlagを選択して右クリックから「リファクタリング」→「フィールドの宣言」を選択する。

「新規フィールドの宣言」ダイアログが表示される。

「OK」ボタンを押すと、メンバ変数が追加される。

private
  FFlag: Boolean;
  { Private 宣言 }

宣言部と実装部を行ったり来たりしないですむので便利。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください