C++BuilderでTJvCsvDataSetを使ってみた

C++BuilderでTJvCsvDataSetを使ってみました。

TJvCsvDataSetを使うと、CSVファイルをテーブルのように扱うことができます。
VCLのデータベースコンポーネントを使用してCSVファイルの表示や編集が簡単にできました。

※TJvCsvDataSetはJVCLのコンポーネントです。JVCLをインストールすると使用できるようになります。

■CSVファイルの先頭行が列名の時

  1. TJvCsvDataSetコンポーネントをフォームに配置します。

  2. TJvCsvDataSetコンポーネントのFileNameプロパティでCSVファイルのファイル名を設定します。

  3. TDataSourceコンポーネントとDBGridコンポーネントを配置します。

  4. TDataSourceコンポーネントのTDataSetプロパティを設定します。

  5. TDBGridコンポーネントのDataSourceプロパティを設定します。

  6. TJvCsvDataSetコンポーネントのActiveプロパティをTrueに設定します。

    TDBGridコンポーネントにCSVファイルのデータが表示されます。

■CSVファイルの先頭行が列名ではない時

  1. TJvCsvDataSetコンポーネントをフォームに配置します。

  2. TJvCsvDataSetコンポーネントのFileNameプロパティでCSVファイルのファイル名を設定します。

  3. TJvCsvDataSetコンポーネントのHasHeaderRowプロパティをFalseに設定します。

  4. CscFieldDefプロパティの[…]ボタンを押して、CSVファイルの列の型を設定します。

    1. Field Name欄に列名を入力します。頭文字は英字、それ以降は英数字を使用できます。
    2. Field Type欄からデータ型を選択します。
    3. Length欄に列長を入力します。
    4. Modifyボタンを押して列を追加します。
    5. 修正する時はFields欄から列を選択し、入力が終わったらModifyボタンを押して変更を反映します。
    6. すべての列の設定が終わったら、OKボタンを押します。

  5. TDataSourceコンポーネントとDBGridコンポーネントを配置します。

  6. TDataSourceコンポーネントのTDataSetプロパティを設定します。

  7. TDBGridコンポーネントのDataSourceプロパティを設定します。

  8. TJvCsvDataSetコンポーネントのActiveプロパティをTrueに設定します。

    TDBGridコンポーネントにCSVファイルのデータが表示されます。

■データコントロールで編集する

  1. TDBEditコンポーネントを配置します。

  2. DataSourceプロパティとDataFieldプロパティを設定します。

TDBEditコンポーネントに値を入力すると、即座にCSVファイルに反映されます。

■参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください