Delphi/C++BuilderのFormat関数で引数のインデックスを指定する

Format関数は「%」の後に「インデックス:」をつけることで、引数のインデックスを指定することができます。

Delphiの例

Writeln(Format('%2:d %1:d %0:d', [0, 1, 2])); //=> 2 1 0

C++Builderの例

std::wcout << Format("%2:d %1:d %0:d", ARRAYOFCONST((0, 1, 2))).c_str(); //=> 2 1 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください