TMediaPlayerでメディアを再生する

TMediaPlayerでメディアを再生する基本的な方法を紹介します。

フォームにTMediaPlayerコンポーネントを配置します。

メディアを再生する準備

//メディアファイルを指定する
MediaPlayer1->FileName = L"Windows XP Startup.wav";
//マルチメディアデバイスを開く
MediaPlayer1->Open();
//エラーがある時はエラーメッセージを表示する
if (MediaPlayer1->Error != 0) {
  ShowMessage(MediaPlayer1->ErrorMessage);
  return;
}
//メディアの再生が終わるとOnNotifyイベントを呼び出す
MediaPlayer1->Notify = true;

メディアを再生する

MediaPlayer1->Play();

メディアを停止する

MediaPlayer1->Stop();

マルチメディアデバイスを一時停止する

MediaPlayer1->PauseOnly();

マルチメディアデバイスの再生を再開する

MediaPlayer1->Resume();

現在位置をメディアの先頭に設定する

MediaPlayer1->Rewind();

メディアコントロールメソッドの完了したときにOnNotifyイベントが呼ばれる

void __fastcall TForm1::MediaPlayer1Notify(TObject *Sender)
{
  switch (MediaPlayer1->NotifyValue) {
    case nvSuccessful:
      ShowMessage("コマンドが正常終了した");
      break;
    case nvSuperseded:
      ShowMessage("コマンドが別のコマンドで打ち消された");
      break;
    case nvAborted:
      ShowMessage("ユーザーによってコマンドが強制終了された");
      break;
    case nvFailure:
      ShowMessage("コマンドが失敗した");
      break;
  }
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください