RadPHP XEのWindowコンポーネントの使い方

RadPHP XEのWindowコンポーネントの使い方を紹介します。

WindowコンポーネントはツールパレットのAdditionalにあります。

フォームに配置したWindowコンポーネントはドラッグ&ドロップで位置や大きさを変更できます。

Windowコンポーネントの表示部品のプロパティは次の図のようになります。

MoveMethodプロパティは、ウィンドウを動かしたときの表示方法です。

  • mmFrame
    新しい位置に長方形の枠組みを表示する

  • mmOpaque
    マウスにあわせてウィンドウを移動する

  • mmTranslucent
    半透明のウィンドウを表示する

Movableプロパティはウィンドウの移動の可否を設定します。

ResizeMethodプロパティは、ウィンドウのサイズを変更したときの表示方法です。

  • rmFrame
    新しいサイズの長方形の枠組みを表示する

  • rmOpaque
    マウスにあわせてウィンドウを変更する

  • rmLazyOpaque
    マウスにあわせてウィンドウのサイズを変更するが、更新しない。

  • rmTranslucent
    半透明のウィンドウを表示する

Resizeableプロパティはウィンドウのサイズ変更の可否を設定します。

IsVisibleプロパティは、実行時にウィンドウを表示するかどうかを設定します。

  • true
    実行時にウィンドウを表示する

  • false
    実行時にウィンドウを表示しない
    JavaScriptで Window1.show(); として表示する必要がある

Visibleプロパティは、ウィンドウを表示するかどうかを設定します。

  • true
    ウィンドウを表示するタグを生成する

  • false
    ウィンドウを表示するタグを生成しない

Modalプロパティは、ウィンドウをモーダルにするかどうかを設定します。
モーダルにすると、ウィンドウ上のコントロール以外は入力を受け付けません。

  • true
    ウィンドウをモーダルにする

  • false
    ウィンドウをモーダルにしない

Modalプロパティをtrueにすると、IsVisibleプロパティの設定に関係なく、JavaScriptでウィンドウを表示する必要があります。

//ウィンドウを表示する
Window1.show();

JavaScriptでWindowコンポーネントを表示するには、show()メソッドを使います。

//ウィンドウを表示する
Window1.show();

JavaScriptでWindowコンポーネントを非表示にするには、close()メソッドを使います。

//ウィンドウを非表示にする
Window1.close();

JavaScriptでWindowコンポーネントの位置を設定するには、setLocation()メソッドを使います。

var left = 100;
var top = 300;
Window1.setLocation(left, top);

JavaScriptでWindowコンポーネントの大きさを設定するには、setWidth()・setHeight()メソッドを使います。

Window1.setWidth(500); //幅
Window1.setHeight(300); //高さ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください