RadPHP XEのListViewのデータをJavaScriptで扱う

RadPHP XEのListViewのデータをJavaScriptで扱う方法を紹介します。

RadPHP XEのListViewは、qx.ui.table.Tableコンポーネントを使っているようです。
qx.ui.table.TableコンポーネントのAPIドキュメントを読むと、JavaScriptで扱う方法がわかります。

選択されている項目のインデックス(行番号)を取得する

var row = ListView1.getFocusedRow();

項目数を取得する

var row_count = ListView1.getTableModel().getRowCount();

項目を追加する(既存の項目の下に追加する)

var rowData = []; //追加する項目
rowData.push(['項目1-1', '項目1-2', '項目1-3']);
rowData.push(['項目2-1', '項目2-2', '項目2-3']);
ListView1.getTableModel().addRows(rowData);

項目を設定する(既存の項目は削除される)

var rowData = []; //登録する項目
rowData.push(['項目1-1', '項目1-2', '項目1-3']);
rowData.push(['項目2-1', '項目2-2', '項目2-3']);
ListView1.getTableModel().setData(rowData);

項目を削除する

var row = 1; //削除開始行
var size = 2; //削除する行数
ListView1.getTableModel().removeRows(row, size);

項目の値を取得する

var row = 1; //行
var col = 2; //列
var value = ListView1.getTableModel().getValue(col, row);

項目の値を設定する

var row = 1; //行
var col = 2; //列
var value = '値'; //値
ListView1.getTableModel().setValue(col, row, value);

列数を取得する

var colcount = ListView1.getTableModel().getColumnCount();

列幅を設定する

var col = 2; //列
var width = 200; //幅
ListView1.getTableColumnModel().setColumnWidth(col, width);

表示・非表示を設定する

var col = 2; //列
var visible = true; //表示する
ListView1.getTableColumnModel().setColumnVisible(col, visible);

コメント

  1. Pingback: RadPHPのListViewの項目をAjaxで編集する方法 « 山本隆の開発日誌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください