GExperts 1.34 Pre-Release for RAD Studio XE でC++BuilderのMessage Dialog作成機能が修正されていた

GExperts 1.34 Pre-Release for RAD Studio XE でC++BuilderのMessage Dialog作成機能が修正されていた。

GExperts 1.33ではif文のMessage Dialogで戻り値に「mrYes」を選択すると、生成されたソースコードでは「MRYES」とすべての文字が大文字になっていた。
大文字小文字を区別しないDelphiでは問題ないが、区別するC++Builderではエラーになる。

if (MessageDlg("終了します。よろしいですか?", mtConfirmation,
    TMsgDlgButtons() << mbYes << mbNo << mbCancel << mbHelp, 0) == MRYES) {
}

GExperts 1.34 Pre-Release for RAD Studio XEでは大文字小文字を正しく出力するようになった。

if (MessageDlg("終了します。よろしいですか?", mtConfirmation,
    TMsgDlgButtons() << mbYes << mbNo << mbCancel << mbHelp, 0) == mrYes) {
}

小さい修正だけど、利便性は大きくアップした。

ところで、GExpertsの「Message Dialog」のショートカットキー「Ctrl+D」は、C++Builder2010から導入されたIDEの「ソースの整形」と重複している。
これは不便。
「ソースの整形」はあまり使用しないので、ショートカットキーを無効にすることはできないだろうか。

コメント

  1. GExpertsのソースを変更して変更すれば出来ます。
    1.3.4の環境だとMessageDialog\GX_MessageDialog.pasの855行目
    を下記のようにssShiftをつけてみるとかすれば回避可能です。
    ちなみにShift+Ctrl+Fのバッティングもこの方法で回避可能です。

    constructor TMsgExpExpert.Create;
    begin
    inherited;
    ShortCut := Menus.ShortCut(Ord(‘D’), [ssShift, ssCtrl]); <– 変更
    FSettings := TMessageDialogSettings.Create;
    end;

  2. くろねこ様
    コメントありがとうございます。
    ソースコードを修正するという発想はありませんでした。
    これで、より便利に使うことができそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください