Google App Engine用フレームワーク Kay の国際化の機能を有効にする

GoogleAppEngine用フレームワーク Kay の国際化の機能を有効にする方法。

ドキュメント「12. メッセージ国際化 — Kay v0.10.0 documentation」には、

INSTALLED_APPS = (
  'kay.i18n',
)

と書かれていますが、これでは有効になりませんでした。

#kay_fw dev lounge で使うハンズオン資料できました?。この他に取り上げて欲しいトピックがあれば言ってみてくださいね http://tutorial.kay-framework.googlecode.com/hg/ja/tutorial.pdf

Twitterの投稿がありました。

その資料を見てみると、国際化を有効にするには、

USE_I18N = True

と書かれていました。

試してみたところ、

USE_I18N = True

で有効になりました。

なお、

INSTALLED_APPS = (
  'kay.i18n',
)

の設定は不要のようです。

コメント

  1. Pingback: Kayのログインフォームをカスタマイズする(2) 文言の日本語化する « 山本隆の開発日誌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください