同期編集モード

Delphi 2006のエディタで、マウスでコードを選択していくと左側にアイコンが現れます。
そしてこのアイコンをクリックすると、同期編集モードというものになります。
これは、ある変数を書き換えると、その選択範囲内の同じ変数も書き換わるという機能です。

同期編集モード

アイコンが表示されることは気がついていたけど、あのアイコンにはそういう意味があったのか。
試してみたけど、これは便利。
もちろんC++Builderでも使える。
感謝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください