Jetpack Composeでユーザーがカメラで撮影した画像を表示する

Jetpack Composeでユーザーがカメラで撮影した画像を表示するサンプルプログラム。

build.grable(:app)を編集する

dependencies {
    implementation "io.coil-kt:coil:1.4.0" //追加
}

ユーザーが選択した画像を表示する

ActivityResultContracts.TakePicturePreview()でユーザーにカメラで撮影を促します。
撮影されると、撮影された画像をbitmapImageに設定します。

ImageにはbitmapImageの画像を表示します。
ユーザーが撮影するとImageに表示されます。

@Composable
fun TakePicture() {
    var bitmapImage by remember { mutableStateOf<Bitmap?>(null) }
    val launcher = rememberLauncherForActivityResult(ActivityResultContracts.TakePicturePreview()) { bitmap: Bitmap? ->
            bitmapImage = bitmap
        }
    Column {
        Button(onClick = { launcher.launch() }) {
            Text(text = "Take Picture")
        }
        Image(
            painter = rememberImagePainter(bitmapImage),
            contentDescription = "My Picture",
            modifier = Modifier.fillMaxSize()
        )
    }
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください