Android Jetpack Composeで戻るボタンを使うには

Android Jetpack Composeで戻るボタンを使うには、BackHandler関数を使用します。

BackHandler関数の引数のenabledには、BackHandlerを有効にする場合はtrueを指定します。

引数のonBackには、戻るボタンが押された時の処理を指定します。

以下のコードは、戻るボタンが押されると現在の時刻を表示します。

@Composable
fun Main() {
    var text by remember {
        mutableStateOf("")
    }
    BackHandler(enabled = true) {
        text = LocalTime.now().toString()
    }
    Text(text = text)
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください