Linux Mintのショートカットキーを変更するには

環境

  • Linux Mint 20.2

問題

Linux Mintでは、Ctrl+Alt+Lキーを押すと画面がロックされる。

Ctrl+Alt+Lキーは、よく使うアプリで使用されているショートカットキーのため、画面ロックしてほしくない。

Linux Mintでショットカットキーの割当を変更したい。

方法

画面のロックのショートカットキーからCtrl+Alt+Lキーを削除する。

  1. メニューから「設定」→「キーボード」を選択する。
  2. キーボードウィンドウが表示されるので、「ショートカット」タブを選択する。
  3. 「カテゴリ」→「システム」を選択する。
  4. 「キーボードショットカット」→「画面のロック」を選択する。
  5. 「キーボード割り当て」の「Ctrl+Alt+L」をタブルクリックする。
  6. 編集状態になるので、Backspaceキーを押す。「Ctrl+Alt+L」が「未割り当て」に変わる。

以上で、設定は完了。

Ctrl+Alt+Lキーを押しても画面はロックされなくなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください