Xamarin.MacでNSImageのサイズを変更するサンプルアプリケーション

Xamarin.MacでNSImageのサイズを変更するサンプルアプリケーションです。

NSImageのサイズを変更し、PNG画像をファイルに保存します。

サイズを変更するResize()メソッドは次のようになっています。

/// <summary>
/// 元画像sourceをnewSizeに拡縮したPNGデータを返します
/// </summary>
private static NSData Resize(CGImage source, CGSize newSize)
{
    // メモリ内のピクセルの各コンポーネントに使用するビット数
    nint bitsPerComponent = 8;
    // ビットマップの1行あたりに使用するメモリのバイト数
    // 値0を渡すと、自動的に値が計算されます
    nint bytesPerRow = 0;
    // 色空間
    var colorSpace = CGColorSpace.CreateDeviceRGB();
    var bitmapInfo = CGImageAlphaInfo.PremultipliedLast;
    using (var bitmapContext = new CGBitmapContext(
                    IntPtr.Zero,
                    (nint)newSize.Width,
                    (nint)newSize.Height,
                    bitsPerComponent,
                    bytesPerRow,
                    colorSpace,
                    bitmapInfo))
    {
        var rect = new CGRect(new CGPoint(0, 0), newSize);
        bitmapContext.DrawImage(rect, source);
        var cgImage = bitmapContext.ToImage();
        return ConvertImageToPng(cgImage);
    }
}

/// <summary>
/// imageをPNGデータに変換します
/// </summary>
private static NSData ConvertImageToPng(CGImage image)
{
    var storage = new NSMutableData();
    var dest = CGImageDestination.Create(storage, MobileCoreServices.UTType.PNG, imageCount: 1);
    dest.AddImage(image);
    dest.Close();
    return storage;
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください