DCGANを使って画像を生成してみた

DCGANを使って画像を生成してみました。

学習用のデータにはいらすとやの画像を使用しました。
学習に使用したファイルの数はわずか145個ですが、いらすとや風の画像が作られます。

Herokuを使ったのは初めてですが、簡単に使えて便利ですね。
人気があるのも納得です。
これから使っていきたいと思いました。

DCGANやTensorFlowについては、今後ブログで書くかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です