ECMAScript 2015(ES6)のletとconstについて

ECMAScript 2015 (ES6)のletとconstについて

varとlet,constのスコープについて

varを使って宣言した変数のスコープは、関数またはグローバルになります。

{
    var x = 'Hello';
}
console.log(x); // Hello

letやconstで宣言した変数のスコープは、ブロックスコープです。

{
    let x = 'Hello';
}
console.log(x); // エラー

letで宣言した変数xのスコープはブロックスコープのため、ブロックの外から変数xにアクセスできません。

letの重複チェック

varは同じ変数を何回でも宣言できます。

var i = 123;
var i = 456;
console.log(i); // 456

letやconstは同じ変数を再宣言するとエラーになります。

let i = 123;
let i = 456; // エラー
console.log(i);

constの変数の変更

constで宣言した変数は再代入できませんが、値を変更することはできます。

const i = 1;
i = 2; // 再代入できない
console.log(i);

次のように配列オブジェクトの要素を変更することはできます。

const i = [1, 2, 3];
i[1] = 4; // 値の変更はできる
console.log(i); // [ 1, 4, 3 ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください