Linux Mint 17.3にnode.jsをインストールする

node.jsを直接インストールせず、node.jsのバージョン管理ソフトnodebrewを使ってnode.jsをインストールする。

nodebrewのインストール

公式サイトを参考にしてインストールする

curlがインストールされていなければインストールする

sudo apt-get install -y curl

curlを使ってインストールする

curl -L git.io/nodebrew | perl - setup

インストールが終わると、次のようなメッセージが表示される。

========================================
Export a path to nodebrew:

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH
========================================

.bashrcを開き、次の行を追加する。

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

Linux Mintにはホームフォルダーに.bashrcがなかった。
/etc/bash.bashrcをコピーして使うらしい。
参考:http://forums.linuxmint-jp.net/viewtopic.php?f=2&t=1019

追加したら、設定を反映する。

source ~/.bashrc

インストールできているかを確認する。

nodebrew help

node.jsのインストール

node.jsのバージョンを確認する

nodebrew ls-remote

Node.jsのウェブサイトを見ると、v4.4.5がLTSで「Recommended For Most Users」とあったので、v4.4.5をインストールする。

nodebrew install-binary v4.4.5

バージョンを指定せず、最新版をインストールすることもできる。

nodebrew install-binary latest # latest version
nodebrew install-binary stable # stable version

インストールできたか確認する。

nodebrew ls

使用するバージョンを指定する

nodebrew use v4.4.5

node.jsが使えるかを確認する

node -v

以上でnode.jsをインストール出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください