CSV Mailer バージョン0.5.0を公開しました

CSV Mailer バージョン0.5.0を公開しました。

今回のバージョンアップの主な変更点は次の通りです。

  • メール送信処理を書き直しました。
  • 一定数のメールを送ると指定時間待機するようにしました。
  • 起動時に前回終了時のフォームの位置とサイズを復元する機能を追加しました。
  • 起動時に終了時に開いていたファイルを開く機能を追加しました。
  • メールプレビュー画面でカーソルキーで表示するメールを変更できるように修正した。
  • メール送信画面のタブの表記を修正し、メールの件数を表示するようにした。

メール送信処理の書き直しがもっとも大きな変更です。
従来はBASP21 DLLのBsmtp.dllを使用していました。
Bsmtp.dllは高性能なメール送受信ライブラリですが、細かい動作の制御ができませんでした。
デスクトップアプリケーションには不向きであると判断しました。

今回のバージョンアップでは、C++Builder2009に付属のIndy10を使うようにしました。
Indy10は細かく制御できるのが魅力です。一方でプログラマが行う作業は増えます。
ロリポップとGmailで問題なく動作することを確認しています。
Gmailの設定は「Gmailのメールサーバー設定」をご覧下さい。

他の変更は、使いやすさの向上を目的としたものです。
ちょっとした工夫が、ソフトウェアを便利します。

ご意見、ご感想、バグ報告をお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください