FireDACでSQLiteのインメモリデータベースをファイルに保存するには

FireDACではTFDSQLiteBackupコンポーネントのDatabaseプロパティを「:memory:」にすることで、SQLiteのインメモリデータベースを使用できます。

//SQLiteデータベースに接続する
FDConnection1.Params.Add('DriverID=SQLite');

// データベースファイルのパスに':memory:'を指定する
FDSQLiteBackup1.Database := ':memory:';

// sqlite3.dllのパス
FDPhysSQLiteDriverLink1.VendorLib := 'C:\driver\sqlite3.dll';

// 接続する
FDConnection1.Connected := True;

SQLiteのインメモリデータベースをファイルに保存するには、TFDSQLiteBackupコンポーネントを使用します。

FDSQLiteBackup1.DriverLink := FDPhysSQLiteDriverLink1;

// バックアップするデータベース
FDSQLiteBackup1.DatabaseObj := FDConnection1.CliObj;

// バックアップ先のファイルのファイル名
FDSQLiteBackup1.DestDatabase := 'c:\test\sample.backup';

// バックアップ処理を実行する
FDSQLiteBackup1.Backup;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください