Delphiでファイルの属性を設定する

System.IOUtilsユニットのTFile.SetAttributes関数を使うとファイルの属性を簡単に設定できます。
System.IOUtilsユニットはDelphi 2010以降で使用できます。

使用するユニット

uses System.IOUtils;

ファイルの属性を設定する

ファイルの属性を設定するには、TFile.SetAttributes関数を使用します。

引数のTFileAttributes型はTFileAttributeの列挙型です。

var
  Path: string;
  Attr: TFileAttributes;
begin
  // 属性を設定するファイルのパス
  Path := 'C:\sample\file.txt';
  // ファイルに適用する新しい属性セット
  Attr := [TFileAttribute.faReadOnly, TFileAttribute.faHidden];
  // ファイル属性を設定する
  TFile.SetAttributes(Path, Attr);
end;

設定できる属性はTFileAttributeをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください