ゾーンを避けろ。ゾーンの集中状態は生産性が高いわけではない。

「フロー」や「ゾーン」というと、意識が集中していて生産性が高い状態、のような印象がある。
誰もがゾーンの状態に入りたいと願っているのではないだろうか。

ところが『Clean Coder プロフェッショナルプログラマへの道』では、「ゾーンを避けろ」とアドバイスしていて興味深い。

ゾーンの集中状態は理論的な能力やスピード感覚が落ちている軽いめい想状態で、ゾーンに入ることの問題は大局観を失うことだ著者は言う。

コードを書くのは速くなるかもしれないが、あとでやり直さなければならなくなる。

著者はゾーンに入ったと感じたら、メールの返信やツイートの閲覧、昼食をとったりして、ゾーンから遠ざかるようにしているそうだ。

Clean Coder プロフェッショナルプログラマへの道』では、次のようなアドバイスもしている。

  • 披露時や注意散漫のときには、コードを書いてはいけない。
  • 心配事があるときは、コードを無理矢理書くよりも、心配事を沈めることに時間を使った方がいい。

プログラミングとは大変な作業である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください