TIBDatabase.CreateDatabase()でFirebirdのデータベースを作成する

TIBDatabase.CreateDatabase()でFirebirdのデータベースを作成するサンプルコード。

Paramsプロパティの設定の仕方に注意。
キーと値の間に「=」は入れてはいけない。

//作成するデータベースファイルのファイル名
UnicodeString FileName = L"C:\\sampale\\test.db";

unique_ptr<TIBDatabase> db(new TIBDatabase(NULL));
db->DatabaseName = FileName;
db->LoginPrompt = false;
db->Params->Clear();
db->Params->Add("USER 'SYSDBA'"); //ユーザー名
db->Params->Add("PASSWORD 'masterkey'"); //パスワード
db->Params->Add("DEFAULT CHARACTER SET UNICODE_FSS"); //文字コード
db->CreateDatabase();

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください