RadPHP XEのFormValidatorで入力チェックを行う

RadPHP XEのFormValidatorコンポーネントを使うと、JavaScriptで入力チェックを簡単に行うことができます。

フォームにFormValidatorコンポーネントを配置します。

オブジェクトインスペクタで、FormValidatorのRulesプロパティの[…]ボタンをクリックします。

入力チェックの条件を設定します。

ValidationTypeには、よく使う条件があらかじめ登録されています。

ValidationTypeに正規表現を登録するときは、JavaScriptの文字列として解釈されることに注意が必要です。
「\」は「\\」と入力します。

郵便番号の入力チェックの例

/^\\d{3}-\\d{4}$/

入力チェックを実行するには、JavaScriptのコードで「コンポーネント名_validate()」を実行します。

function Button1JSClick($sender, $params)
{
    ?>
    //begin js
  //エラーがあるときはfalseを返してSubmitしない
  return FormValidator1_validate();
    //end
    <?php
}

JavaScriptで簡単に入力チェックできるのは嬉しいですが、PHPのコードで入力チェックが必要であることに代わりはありません。

チェックする内容はJavaScript側でもPHP側でも同じなので、FormValidatorコンポーネントがPHPの方でも入力チェックしてほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください