数学に感動する頭をつくる

数学に感動する頭をつくる
素晴らしい本でした。
本書を読んで、多くの発見がありました。

特に、第三章。

第三章では、数学に大切な能力の開発方法について解説されています。

  • 記憶力
  • イメージ能力
  • 発想力
  • 推理力
  • 構想力
  • 位置づけ能力
  • 洞察力

これは、数学だけに限った話ではないように思います。
プログラミングにも必要な能力です。

イメージ能力
数学では、頭の中に図形を思い浮かべて、動かしたり補助線を引いたりします。
プログラミングをする時にも、頭の中でプログラムを動かします。

発想力
数学では、問題を解く時に様々な解法を考えます。
プログラムでも同じですね。

その他の能力も、プログラミングにも必要な能力であるように思います。
数学とプログラミングは相性がいいのかも。

本書によると、将棋と数学は相性が良さそうです。
もしかすると、将棋とプログラミングも相性がいいかもしれません。

本書を読んで、数学に挑戦したくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください