GoogleAppEngineの強力なテストツールGAETestBaseがKayに標準添付された

GoogleAppEngine用フレームワークKayにGAETestBaseが標準添付されました。
そこで、GAETestBaseについて調べてみました。

GAETestBaseを使うと何が嬉しいのか

App Engine/Pythonはローカルのデータストアのstubの出来が良くないので、ローカルとプロダクションで動きが違うことが結構あり、ローカルでテストできることが限られてしまいます。

プロが仕事で使う場合にApp Engineでどの言語を選べばいいのか

この問題を解決してくれたのがGAETestBase。
ローカルだけでなく本番環境でテストすることができます。

Python標準のunittest.TestCaseクラスを継承しているので、使い方も簡単。
既存のテストをGAETestBaseに変更するのも、すぐにできそうです。

Kayのソースコードをみると、tests/formtest.pyのいくつかのテストはすでにGAETestBaseを使ったものになっていました。

GAETestBaseの情報源

コメント

  1. Pingback: Kay 0.10.0 RC1でユニットテストを行う方法 | 山本隆の開発日誌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください