第16回エンバカデロ・デベロッパーキャンプ 1日目の資料を見ました。

第16回エンバカデロ・デベロッパーキャンプの1日目の資料とセッションビデオを見ました。
資料とセッションビデオを見ながらのメモです。

「C++Builder 5/6ユーザと初心者のためのC++Builder 2010入門」

「C++Builder 5/6ユーザと初心者のためのC++Builder 2010入門」は、C++Builder5/6の時代のまま、知識がストップしている方にお薦め。
std::unique_ptrやTStreamReaderなど、新しい機能を積極的に使用しているので、古い知識を更新するのに最適。
C++Builder2010へバージョンアップしたら、一度見ておくといいかも。

TStreamReaderTStreamWriterは便利なので、覚えておくといい。

「3.C++Builder 2010への移行ポイント」の話は「よく知っているな~」と感心しながらセッションビデオを見ました。

「Delphi 7ユーザと初心者のためのDelphi 2010入門」

Delphi/C++Builder 2010ユーザーも一見の価値あり。
使っていない便利機能が見つかるかも。

  • 「IDEの言語切り替えツール」「トランスレーションエディタ」
    使ったことがない。

  • 「IDE に統合されたファイルブラウザ」
    初めて知りました。
    探してみたところ、メニューの「表示」-「ファイルブラウザ」で表示できることがわかりました。

  • 「履歴タブ」
    Subversionの機能を使ってました。
    IDE上でやった方が効率がよさそう。

  • 「ライブテンプレート」
    便利。簡単に自作ライブテンプレートが作れるので、よく使うコードは登録しておくといい。

  • 「SyncEdit」
    とても便利。直感的に使えるところも素敵。
    キーはCtrl + Shift + J。

  • 「リファクタリングの機能」
    以前のバージョンでリファクタリング機能を使用してソースコードをむちゃくちゃにされたので、それ以来使いませんでした。
    実用レベルになっているみたい。

  • 「ショットカットキー」
    以前に書いた記事を参照。
    Delphi/C++Builder 2010のエディタで知っておくと便利なコマンド

  • 「フォーマッタ」
    C++Builderのフォーマッタは、思い通りの整形にならないので使っていません。
    動作がおかしくない?

  • 「リボンコントロール」
    私も便利だと思います。

  • 「ジェスチャーコントロール」
    「HP slate」のようなタブレット製品が増えると、使用する場面が増えそう。

  • TMonitor
    要調査。
    Indyの話はもっと詳しいところを聞きたい。

「Delphiでの文字コードのハンドリングについて」

以前に書いたような気がするので(気のせい?)、今回は省略。

「C++言語のパワーとRAD/ビジュアルアプリケーション開発の活用」

  • New TDirectory class
    ディレクトリ操作の便利な関数の寄せ集め。

  • Support for #pragma once
    でも、IDEが作成するコードのインクルードガードは以前と同じ。
    #ifndef Unit1H ~ #define Unit1H ~ #endif

  • Added support for __FUNCTION__

    void __fastcall TForm1::Button1Click(TObject *Sender)
    {
      Memo1->Lines->Add(__FUNCTION__); //=> TForm1::Button1Click
    }
    
  • __declspec(dllexport) for template classes
    要調査。

  • Scoped enumerations

    enum class A {a1, a2};
    A a = a1; //エラー
    A a = A::a1; //OK
    
  • [[final]] and [[noreturn]] attributes

    noreturn属性は関数が返らないことを指定する。

    void f [[noreturn]] () {
      throw "error";
    }
    

    final属性は継承を禁止する。

    struct B {
      virtual void f [[final]]();
    };
    struct D : B {
      void f(); //[BCC32 エラー] : E2542 'f' は 'final' にマークされ、上書きできない
    };
    
  • Decltype keyword

    decltype演算子は指定された式の型を生成する。

    int n1 = 3;
    decltype(n1) n2 = 10; // int n2;
    
    int foo();
    decltype(foo()) value; // int value;
    

    参考:C++0x – decltype

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください