Windows Vista 対応アプリケーションの作り方

Delphiで、Windows Vista Readyアプリケーションを作る

Delphiのアプリケーションを、Vistaの新しいユーザーエクスペリエンス機能に対応する方法。

Delphiで作成したアプリケーションは、基本的にはVistaでも動作する。
しかし、Vistaの新しいユーザーエクスペリエンス機能に対応するには6つのポイントを対応する必要がある。

  1. 新しいフォントに関する問題
  2. 秘密のウィンドウに対する対処
  3. アプリケーションの透明化
  4. タスクダイアログのプロンプト
  5. イメージがすべて
  6. 新しいコモンダイアログ

詳しい説明とサンプルプログラムがありがたい。

こちらで、要約されていました。
某所 | DelphiアプリケーションをVista対応させるには

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください