「画像一括結合ソフト ImageMerge」バージョン 0.2.0を公開しました。

画像一括結合ソフト ImageMerge」バージョン 0.2.0を公開しました。

バージョン 0.2.0では、画像の余白を設定する機能を追加しました。

メイン画面の「余白設定」ボタンで余白設定画面を表示して、画像の余白を設定できます。

余白設定画面

余白を設定しないとき(わかりやすくするため画像に影を加えています)

余白を設定しない時

予約を設定したとき(わかりやすくするため画像に影を加えています)

予約を設定した時

JPEGファイルのDPIを設定できるようになった「画像一括結合ソフト ImageMerge」バージョン 0.1.7を公開しました。

画像一括結合ソフト ImageMerge」バージョン 0.1.7を公開しました。

バージョン0.1.7では、ご要望をいただいていたJPEGファイルのDPIを設定する機能を追加しました。

環境設定画面の「JPEG形式」タブで、DPIを設定することができます。

指定できる値は「0」~「65535」までの値で、「1」以下の時は未設定(JPEGファイルにDPI値を登録しない)となります。

画像一括結合ソフト ImageMerge 0.1.6公開

画像一括結合ソフト ImageMergeのバージョン0.1.6を公開しました。

ご要望をいただいていた3つ以上の画像の結合をできるようになりました。

今回のバージョンアップによる変更点

  • 結合できるファイルの数を選択できるようにしました。
    3つ以上の画像の結合をできるようになりました。
  • ファイル名の付け方が「ファイル名の共通部分」のとき、同名の共通部分を持つファイルが既に存在するときのファイル名の付け方を変更しました。

皆様のご意見・ご感想・ご要望・バグ報告をお待ちしています。

画像一括結合ソフト ImageMerge 0.1.4公開

画像一括結合ソフト ImageMergeのバージョン0.1.4を公開しました。

ご要望をいただいていたGIF・PNGに対応しました。

今回のバージョンアップによる変更点

  • GIF(Graphics Interchange Format)形式とPNG(Portable Network Graphics)形式に対応しました。
  • 結合できる画像形式を変更し、同一形式のみ結合できるようにしました。
  • JPEGの品質を設定できるようにしました。

結合する画像形式は次のような仕様にしました。

  1. 結合する画像は同一形式の画像のみ対象とします。
    例えばメイン画面の「処理する画像の形式」欄に「BMP」を選んだとすると、「画像の保存されているディレクトリ」にあるBMP形式以外の画像は、結合対象になりません。

  2. Windows bitmap(BMP)の場合

    • 結合する2つの画像の両方が256色パレットまたは16色パレットのとき、結合した画像が256色以下であれば、256色パレットのビットマップ画像として作成します。
    • それ以外の場合は、24ビットのビットマップ画像として作成します。
  3. JPEGの場合
    • 常に24ビットjpegイメージ形式として作成します。
  4. GIF(Graphics Interchange Format)の場合
    • 結合する2つの画像の両方に透明色があるとき、透明色を使用してGIF画像を作成します。
    • それ以外の場合は、透明色を使用しないでGIF画像を作成します。
  5. PNG(Portable Network Graphics)の場合
    • 結合する2つの画像の両方に透明色があるとき、透明色を使用してPNG画像を作成します。
    • それ以外の場合は、透明色を使用しないでPNG画像を作成します。