Delphi 10.1 Berlin Update2でiOS 10用にユーザーデータのアクセス目的を記述するには

iOS 10から、カメラなどを使用するときには、info.plistに特定のキーと使用目的を記述するようになりました。

Delphi 10.1 Berlin Update2では、プロジェクトオプションのバージョン情報画面で、設定できます。

delphi101belrin_infoplist

位置情報へのアクセス (常に)

  • キー
    NSLocationAlwaysUsageDescription


  • アプリが常にユーザーの位置情報にアクセスする理由

位置情報へのアクセス (使用中のみ)

  • キー
    NSLocationWhenInUseUsageDescription


  • アプリがフォアグラウンドで実行されているときなど、アプリがユーザーの位置情報にアクセスする理由

連絡先へのアクセス

  • キー
    NSContactsUsageDescription


  • アプリがユーザーの連絡先にアクセスする理由

フォトライブラリへのアクセス

  • キー
    NSPhotoLibraryUsageDescription


  • アプリがユーザーの写真ライブラリにアクセスする理由

カメラへのアクセス

  • キー
    NSCameraUsageDescription


  • アプリがデバイスのカメラにアクセスする理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です