Delphi 10 SeattleのiOSアプリケーションで、iTunesからDocumentsフォルダーにアクセスできるようにする

Delphi 10 SeattleのiOSアプリケーションで、iTunesからDocumentsフォルダーにアクセスできるようにする方法です。
iOSアプリとiTunesでファイルの共有ができるようになります。

メニューから「プロジェクト」→「オプション」を選択します。

01

「バージョン情報」を選択して、ターゲットを「iOSデバイス」にします。

キー「UIFileSharingEnabled」を追加し、値を「YES」にします。
※Xcodeでは「Key」を「Application supports iTunes file sharing」に、「Value」を「YES」にしますが、Delphiではキーを「UIFileSharingEnabled」にします。

02

以上で、ファイルの共有ができるようになりました。

サンプルアプリケーションです。

ボタンを押すと、テキストファイルを生成します。

uses System.IOUtils;

procedure TForm1.Button2Click(Sender: TObject);
var
  I: Integer;
  FileName: string;
begin
  for I := 0 to 3 do
  begin
    FileName := TPath.Combine(TPath.GetDocumentsPath,
      Format('test%d.txt', [I]));
    TFile.WriteAllText(FileName, 'テスト', TEncoding.UTF8);
  end;
end;

iTunesからアクセスすると、生成したファイルを確認できました。

03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です