FireMonkeyモバイルアプリケーションでINIファイルに設定を保存するサンプル

FireMonkeyモバイルアプリケーションでINIファイルに設定を保存するサンプルです。

Delphi XE6とAndroidで動作を確認しています。

INIファイルを保存するディレクトリはTPath.GetDocumentsPath関数で取得します。
文字化けを防ぐために文字コードにUTF-8を指定します。
あとは、Windowsと同じです。

使用するユニット

uses System.IOUtils, System.IniFiles;

設定を保存する

procedure TForm1.Button2Click(Sender: TObject);
var
  IniFile: TMemIniFile;
begin
  IniFile := TMemIniFile.Create(TPath.Combine(TPath.GetDocumentsPath,
    'test.ini'), TEncoding.UTF8);
  try
    IniFile.WriteString('SECTION', 'STRING', '文字列');
    IniFile.WriteInteger('SECTION', 'INTEGER', 999);
    IniFile.UpdateFile;
  finally
    IniFile.Free;
  end;
end;

設定を読み込む

procedure TForm1.Button3Click(Sender: TObject);
var
  IniFile: TMemIniFile;
  S: string;
  I: Integer;
begin
  IniFile := TMemIniFile.Create(TPath.Combine(TPath.GetDocumentsPath,
    'test.ini'), TEncoding.UTF8);
  try
    S := IniFile.ReadString('SECTION', 'STRING', '');
    I := IniFile.ReadInteger('SECTION', 'INTEGER', 0);
  finally
    IniFile.Free;
  end;
end;

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください