Laravelのページネーションで指定したページを表示する

LaravelではEloquent queryのpaginateメソッドを使って、簡単にページネーションを実現できます。
表示するページは、クエリ文字列引数の値により自動的に決まるため、表示するページを指定する必要はありません。

$users = App\User::paginate(15);

表示するページを明示的に指定したい場合は、paginateメソッドの第4引数で指定します。

// 3ページ目を表示する
$users = App\User::paginate(15, ['*'], 'page', 3);

なお、第2引数は取得するカラム名、第3引数は表示ページのクエリ文字列です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください