近くにあるスマートフォンと接続・送受信するNearby API

Google Play サービス 7.8からNearby APIが追加されました。
このNearby APIを使うと、物理的に近くのデバイスとやりとりができます。

Nearby APIには2つのAPIがあります。

  • Nearby Messages API
  • Nearby Connections API

Nearby Messages API

ちょっとしたデータを隣の人に送るための簡単な方法が今までありませんでした。
送り先のメールアドレスやLineのアカウントを知る必要がありました。
このAPIがその問題を解決するかもしれません。

Nearby Messages APIは、Bluetooth、Wi-Fi、不可聴のサウンドを使用して、近くにあるデバイスを検出します。

不可聴のサウンドというのは、人には聞こえない周波数のようです。
端末によっては、聞こえる端末もあるようです。
若い人には聞こえやすいかもしれません。

データのやりとりはサーバーを介して行われます。
デバイスは同じネットワークに接続している必要はありませんが、ネットワークに接続している必要があります。

Nearby Messages APIは、AndroidだけでなくiOSにも対応しています。
AndroidとiOSの両方のOSで利用可能です。

Nearby Connections API

Nearby Connections APIは、ローカルネットワーク上の他のデバイスを検出し接続します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください