Delphi XE7で実行時にAndroidアプリケーションの画面の向きを固定するには

Delphi XE7で実行時にAndroidアプリケーションの画面の向きを固定するサンプルアプリケーションを作成します。

フォームにボタンを3つ配置します。

001

ボタンを押すと次のような処理を行います。

  • 横固定…画面の向きを横に固定する
  • 縦固定…画面の向きを縦に固定する
  • ユーザの現状態…画面の向きを固定しない

ソースコードは次のようになります。

uses
  Androidapi.Helpers,
  Androidapi.JNI.GraphicsContentViewText;

procedure TForm1.ButtonLandscapeClick(Sender: TObject);
begin
  // 横固定
  SharedActivity.setRequestedOrientation
    (TJActivityInfo.JavaClass.SCREEN_ORIENTATION_LANDSCAPE);
end;

procedure TForm1.ButtonPortraitClick(Sender: TObject);
begin
  // 縦固定
  SharedActivity.setRequestedOrientation
    (TJActivityInfo.JavaClass.SCREEN_ORIENTATION_PORTRAIT);
end;

procedure TForm1.ButtonUserClick(Sender: TObject);
begin
  // ユーザの現状態
  SharedActivity.setRequestedOrientation
    (TJActivityInfo.JavaClass.SCREEN_ORIENTATION_USER);
end;

実行したところ

002

003

追記

iOSとAndroidの両方で使用できる方法を見つけました。
詳しくは「Delphi XE7で実行時にiOS・Androidアプリケーションの画面の向きを固定するには」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください