HTML5 BuilderのBasicAuthenticationコンポーネントで認証を行う

ツールパレットのSystemカテゴリーにあるBasicAuthenticationコンポーネントを配置します。

StandardカテゴリーにあるLabelコンポーネントを配置します。

BasicAuthentication1のOnAuthenticateイベントに認証のコードを追加します。

入力されたユーザー名とパスワードは、$params[‘username’]と$params[‘password’]で取得できます。
認証に成功したときはtrue、失敗したときはfalseを返します。

function BasicAuthentication1Authenticate($sender, $params)
{
  if(($params['username'] == 'sysdba') && ($params['password'] == 'masterkey'))
    return true;
  else
    return false;
}

Page1のBedoreShowイベントに認証処理を実行するコードを追加します。

function Page1BeforeShow($sender, $params)
{
    $this->BasicAuthentication1->Execute(); 
}

「F9」キーを押して、アプリケーションを実行します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください