Google App Engineで静的ファイルのキャッシュ期間を設定する

Google App Engineで静的ファイルのキャッシュ期間を設定する方法。

app.yamlのdefault_expirationで、静的ファイルのキャッシュ期間を設定することができます。

app.yaml

application: myapp
version: 1
runtime: python
api_version: 1

default_expiration: "4d 5h"

handlers:
  # ...

変更されることのない静的ファイルは、キャッシュ期間を長く設定することでHTTPリクエストを減らして、表示速度を上げることができますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください