Google App Engine用フレームワーク Kay の新しいURLマッピング

GoogleAppEngine用フレームワーク Kay のURLマッピングに、新しい方式が導入されていました。

Kay v0.10.0 documentation 5.5. Introducing a new interface for urlmapping

従来の方式

myapp/urls.py

def make_rules():
  return [
    EndpointPrefix('myapp/', [
      Rule('/', endpoint='index'),
      Rule('/index2', endpoint='index2'),
    ]),
  ]

all_views = {
  'myapp/index': myapp.views.index,
  'myapp/index2': 'myapp.views.index2',
}

新しい方式

myapp/urls.py

view_groups = [
  ViewGroup(
    Rule('/', endpoint='index', view='myapp.views.index'),
    Rule('/index2', endpoint='index2', view='myapp.views.index2'),
  )
]

設定が一カ所にまとめられて、わかりやすくなりました。

コメント

  1. Pingback: kay-frameworkを使ってみた | 山本隆の開発日誌

  2. Pingback: GoogleAppEngine用フレームワーク「Kay」のgeneric view groupsを使ってみた。 | 山本隆の開発日誌

  3. Pingback: Google App Engine用フレームワーク Kay の新しいURLマッピングによる汎用ビューグループの設定 | 山本隆の開発日誌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください