PythonでFirebirdを使う

PythonでFirebirdを使う。

インストール

  1. PythonのFirebirdライブラリ KInterbasDB をダウンロードする。
    Pythonはバージョン2.5、Firebirdは1.5.3なので、kinterbasdb-3.2.win32-FB-1.5-py2.5.exeをダウンロードしました。

  2. ダウンロードしたファイルを実行して、インストールする。

以上でインストールは完了。

Firebirdの接続と切断

import kinterbasdb
kinterbasdb.init(type_conv=200)
#データベースに接続する
con = kinterbasdb.connect(dsn='localhost:C:/path/to/file.FDB',
                          user='sysdba',
                          password='masterkey',
                          charset="SJIS_0208")
#切断する
con.close()

SELECT文

cur = con.cursor()
cur.execute("select * from ADDRESS")
for row in cur:
  print "postcode = %s, address = %s" % (row[0], row[1])

INSERT文

values = [('690-0001', '島根県松江市東朝日町'),
          ('690-0002', '島根県松江市大正町')]
cur = con.cursor()
cur.executemany("insert into ADDRESS values(?, ?)", values)
con.commit()

DELETE文

cur = con.cursor()
cur.execute("delete from ADDRESS")
con.commit()

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください