Pelikano Junior

[Pelikano Junior][1]を購入しました。
初めての万年筆です。

色は、青、緑、黄、赤 の4色がありました。

購入したのは 青 のものです。
本体が青、グリップのところが黄色です。
補色なので映えますね。

値段ですが、1200円と非常に安い。
が、とても1200円とは思えない書き味の良さ、らしいです。
「らしい」というのは、比較の対象がないので、よくわからないから。

ペン先は「A」。
ドイツ語で「ビギナー」という意味の「Anhanger」の「A」だそうです。
ちょっと太めですね。

不自由なく使えています。
最初の一本にはおすすめ。

[1]: http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000FKNP5M?ie=UTF8&tag=gesource-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B000FKNP5M

フィルムふせんレビュー

[モニター用に送ってもらったフィルムふせん][1]のレビューです。

###De-Flag

De-Flagは、システム手帳のリフィルに透明なフィルムふせんがついています。

ふせんがついているのは、リフィルの片面だけです。
あまりリフィルを増やしたくないので、ふせんは両面についている方がいいと思いました。

###POST MEMO

POST MEMOは、一見するとふつうのふせんに見えますが、一枚はがすと薄くてきれいな色をした付箋でした。
最初、一枚だけはがそうとして二枚もはがしてしまいました。薄いんですよ。

このPOST MEMOは糊面が広く、手帳に貼ったときにも、ふせんの端が浮き上がりません。

粘着力もちょうど良いと思います。簡単に貼り替えできます。

薄い色なので下の文字が読めるのも良いです。

ふせんの台紙は案外しっかりしているので、このままシステム手帳のポケットに入れることにしました。

注意書きに「油性ボールペン、鉛筆で書きこみができますがインクの性質によりはじくことがあるのでテストをしてからお使いください。」とあり、心配しましたが、[ボールペン(ラミー2000)][2]で問題なく使用できました。

薄くてかさばらずはがれにくいフィルムふせんは、紙のふせんよりもずっと便利だと感じました。
手帳以外の用途にも活躍すると思います。

[1]: http://nkc.ne.jp/Web02aindex.html
[2]: http://www.gesource.jp/weblog/archives/2005/06/lamy2000.html