Outlook Export Tool バージョン 0.1.0を公開しました。

Outlook Export Tool バージョン 0.1.0を公開しました。

Outlook Export Toolは、Outlookのメールを別形式のファイルにエクスポートするソフトウェアです。
Outlookを操作してメール情報を読み取り、eml形式などのOutlookがサポートしていないファイル形式にエクスポートすることができます。

今回のリリースでは、Outlook 2003よりも前のバージョンで送信者の表示名を取得することができるようになりました。

従来のバージョンでは、送信者の表示名を取得するためにOutlookの「SenderName」プロパティを使用していました。
この「SenderName」プロパティはOutlook 2003から導入された機能であるため、Outlook 2003よりも前のバージョンでは、送信者の表示名を取得することができませんでした。

今回リリースしたOutlook Export Tool バージョン 0.1.0では、一工夫してOutlook2003よりも前のバージョンでも、送信者の表示名を取得できるようにしました。

是非お試しください。

ソフトウェアのイメージ

Outlook Export Tool 0.0.1公開

Outlook Export Tool バージョン0.0.1を公開しました。

Outlook Export Toolは、Outlookのメールを別形式のファイルにエクスポートするソフトウェアです。

Outlookを操作してメール情報を読み取り、eml形式などのOutlookがサポートしていないファイル形式にエクスポートすることができます。

ソフトウェアのイメージ

D2のOutlookのメール読み込み機能は、指定したフォルダのメールをすべて読み込みます。
特定のメールだけD2で処理したい場合、Outlookには汎用的な形式にエクスポートできないため、Outlookのメールを他のメールソフトにエクスポートして、そのメールソフトから汎用的な形式にエクスポートする必要がありました。

Outlook Export Toolでは任意のメールをeml形式にエクスポートできますので、D2がより使いやすくなると思います。

eml形式のエクスポートはすべての情報を出力するわけではありません。ご注意下さい。
eml形式では次の情報をエクスポートします。

  • From(差出人)
  • To(宛先)
  • CC
  • Date(送信日)
  • Subject(件名)
  • Importance(重要度)
  • Sensitivity(秘密度)
  • X-ReceivedTime(受信日)…独自拡張
  • 本文
  • 添付ファイル

「X-ReceivedTime」は標準のヘッダではありませんが、Outlookから情報を取得することができましたので、独自のヘッダをして出力するようにしました。

D2で処理をするには十分な情報があるとおもいます。

皆様のご意見・ご要望をお待ちしています。