Delphi 10.1 BelrinのFireMonkeyアプリケーションで文字列を選択するリストピッカーを表示するには

リストピッカーはIFMXPickerServiceのCreateListPickerメソッドで作成できます。 uses FMX.Platform; if TPlatformServices.Current.Support …

Continue reading ‘Delphi 10.1 BelrinのFireMonkeyアプリケーションで文字列を選択するリストピッカーを表示するには’ »

Delphi 10.1 BerlinでLive Bindingsを使ってデータベースとRadioButtonを連結するサンプル

Delphi 10.1 BerlinのFireMonkeyアプリケーションでLive Bindingsを使ってデータベースの1つのフィールドと複数のRadioButtonを連結するサンプルプログラムです。 プロジェクトは …

Continue reading ‘Delphi 10.1 BerlinでLive Bindingsを使ってデータベースとRadioButtonを連結するサンプル’ »

TMemIniFileに変更があれば自動的に保存する

Delphi 10.1 BerlinではTMemIniFileにAutoSaveプロパティが追加されました。 AutoSaveプロパティがTrueのときは、インスタンスの破棄時に変更があれば自動的に保存されます。 var …

Continue reading ‘TMemIniFileに変更があれば自動的に保存する’ »

Delphi 10.1 BerlinのAndroidアプリケーションで通話履歴を取得するには

Delphi 10.1 BerlinのAndroidアプリケーションで通話履歴を取得するサンプルコードです。 サンプルコードを実行するには、権限を追加する必要があります。 メニューの「プロジェクト」→「オプション」→「使 …

Continue reading ‘Delphi 10.1 BerlinのAndroidアプリケーションで通話履歴を取得するには’ »

Delphi 10.1 BerlinでファイルシステムにあわせてUnicode正規化する

ユニコードには結合文字というものが存在します。 たとえば「が」という文字の表現方法には、一文字で「が」と表現する方法と、「か」+「゛」のように濁点を結合する方法があります。 日本語以外でも結合文字は使われています。たとえ …

Continue reading ‘Delphi 10.1 BerlinでファイルシステムにあわせてUnicode正規化する’ »

Delphi 10.1 Berlinでウィンドウのスケールを取得するには

Delphi 10.1 Berlinから、IFMXWindowService.GetWindowScaleは非推奨になりました。 これまでは次のようにして、ウィンドウのスケールを取得していました。 procedure T …

Continue reading ‘Delphi 10.1 Berlinでウィンドウのスケールを取得するには’ »

Delphi 10.1 BerlinでDOSCommandコンポーネントを使う

TurboPackのDOSCommandコンポーネントは、バッチファイルを実行し、出力された文字を受け取ることができるコンポーネントです。 VCLアプリケーションとFireMonkeyアプリケーションの両方で使用できます …

Continue reading ‘Delphi 10.1 BerlinでDOSCommandコンポーネントを使う’ »

テストコードでIFMXPhotoLibraryを使用するためのモックを作る

XE8からフォトアルバム(カメラロール)に画像を保存する機能が追加されました。 IFMXPhotoLibraryのAddImageToSavedPhotosAlbumメソッドを使うと画像をフォトアルバム(カメラロール)に …

Continue reading ‘テストコードでIFMXPhotoLibraryを使用するためのモックを作る’ »

Delphi 10.1 BerlinのFireMonkeyのグリッドで右寄せや中央揃えで表示する列クラスを作成する

セルごとに表示を細かく制御したい場合は、TGridのOnDrawColumnCellイベントを使用します。 列ごとに右寄せや中央揃えが決まっているのであれば、専用の列クラスを作成すると便利です。 列クラスはFMX.Gri …

Continue reading ‘Delphi 10.1 BerlinのFireMonkeyのグリッドで右寄せや中央揃えで表示する列クラスを作成する’ »

Delphi 10.1 BerlinでダイアログAPIを使ってみた

Delphi/C++Builderの10.1 Belrinの新機能のひとつに「ダイアログAPIの簡素化」があります。 この新しいダイアログAPIを各プラットフォームで使ってみました。 使用した関数はInputQueryで …

Continue reading ‘Delphi 10.1 BerlinでダイアログAPIを使ってみた’ »