Delphi 10.1 BerlinでファイルシステムにあわせてUnicode正規化する

ユニコードには結合文字というものが存在します。 たとえば「が」という文字の表現方法には、一文字で「が」と表現する方法と、「か」+「゛」のように濁点を結合する方法があります。 日本語以外でも結合文字は使われています。たとえ …

Continue reading ‘Delphi 10.1 BerlinでファイルシステムにあわせてUnicode正規化する’ »

Delphi 10.1 Berlinでウィンドウのスケールを取得するには

Delphi 10.1 Berlinから、IFMXWindowService.GetWindowScaleは非推奨になりました。 これまでは次のようにして、ウィンドウのスケールを取得していました。 procedure T …

Continue reading ‘Delphi 10.1 Berlinでウィンドウのスケールを取得するには’ »

Delphi 10.1 BerlinでDOSCommandコンポーネントを使う

TurboPackのDOSCommandコンポーネントは、バッチファイルを実行し、出力された文字を受け取ることができるコンポーネントです。 VCLアプリケーションとFireMonkeyアプリケーションの両方で使用できます …

Continue reading ‘Delphi 10.1 BerlinでDOSCommandコンポーネントを使う’ »

テストコードでIFMXPhotoLibraryを使用するためのモックを作る

XE8からフォトアルバム(カメラロール)に画像を保存する機能が追加されました。 IFMXPhotoLibraryのAddImageToSavedPhotosAlbumメソッドを使うと画像をフォトアルバム(カメラロール)に …

Continue reading ‘テストコードでIFMXPhotoLibraryを使用するためのモックを作る’ »

Delphi 10.1 BerlinのFireMonkeyのグリッドで右寄せや中央揃えで表示する列クラスを作成する

セルごとに表示を細かく制御したい場合は、TGridのOnDrawColumnCellイベントを使用します。 列ごとに右寄せや中央揃えが決まっているのであれば、専用の列クラスを作成すると便利です。 列クラスはFMX.Gri …

Continue reading ‘Delphi 10.1 BerlinのFireMonkeyのグリッドで右寄せや中央揃えで表示する列クラスを作成する’ »

Delphi 10.1 BerlinでダイアログAPIを使ってみた

Delphi/C++Builderの10.1 Belrinの新機能のひとつに「ダイアログAPIの簡素化」があります。 この新しいダイアログAPIを各プラットフォームで使ってみました。 使用した関数はInputQueryで …

Continue reading ‘Delphi 10.1 BerlinでダイアログAPIを使ってみた’ »

TStringListの要素を文字列の長さでソートする

DelphiのTStringListには、リスト内の文字列を昇順でソートするSortメソッドの他に、任意の条件でソートするCustomSortメソッドがあります。 TStringListのCustomSortメソッドを使 …

Continue reading ‘TStringListの要素を文字列の長さでソートする’ »

Delphi 10 SeattleのFireMonkeyアプリケーションでバージョン番号を取得するには

FireMonkeyアプリケーションでバージョン番号を取得する方法を紹介します。 使用したバージョンはDelphi 10 Seattleです。 バージョン番号を取得には、FMX.Platform.IFMXApplicat …

Continue reading ‘Delphi 10 SeattleのFireMonkeyアプリケーションでバージョン番号を取得するには’ »

FireMonkeyアプリケーションでユーザー定義のWindowsメッセージを受信するには?

FireMonkeyアプリケーションでユーザー定義のWindowsメッセージを受信するには? ドキュメントを読むと、IFMXApplicationServiceのHandleMessageメソッドを使用するみたいです。 …

Continue reading ‘FireMonkeyアプリケーションでユーザー定義のWindowsメッセージを受信するには?’ »

フォームに配置したコンポーネントを名前で検索するには

TComponentクラスのFindComponentメソッドは、子のコンポーネントをコンポーネント名で検索します。
該当するコンポーネントが見つかればそのコンポーネントを返します。
見つからないときはnilを返します。