AndroidのJavaでRetrofit2のログを取るには

AndroidのJavaでRetrofit2のログを取る方法。

build.gradleでは各ライブラリのバージョンを以下のように設定している。

dependencies {
    implementation 'com.squareup.retrofit2:retrofit:2.9.0'
    implementation 'com.squareup.retrofit2:converter-gson:2.9.0'
    implementation 'com.squareup.okhttp3:logging-interceptor:4.2.1'
}

ログを取るには、HttpLoggingInterceptorを使用する。

HttpLoggingInterceptor interceptor = new HttpLoggingInterceptor();

取得するログのレベルを設定する。

interceptor.level(HttpLoggingInterceptor.Level.BODY);

設定できるログのレベルは以下の通り。

  • NONE ログを取らない
  • BASIC リクエストとレスポンス
  • HEADERS リクエストとレスポンスとそれぞれのヘッダー
  • BODY リクエストとレスポンスとそれぞれのヘッダーと本文

HttpLoggingInterceptorを設定したOkHttpClientを作成する。

OkHttpClient client = new OkHttpClient.Builder()
    .addInterceptor(interceptor)
    .build();

RetrofitにOkHttpClientを設定する。

Retrofit retrofit = new Retrofit.Builder()
        .baseUrl(HOST)
        .client(client)
        .addConverterFactory(GsonConverterFactory.create())
        .build();

全体のコードは次のようになる。

HttpLoggingInterceptor interceptor = new HttpLoggingInterceptor();
if (BuildConfig.DEBUG) {
    interceptor.level(HttpLoggingInterceptor.Level.BODY);
} else {
    interceptor.level(HttpLoggingInterceptor.Level.NONE);
}
OkHttpClient client = new OkHttpClient.Builder()
    .addInterceptor(interceptor)
    .build();

Retrofit retrofit = new Retrofit.Builder()
        .baseUrl(HOST)
        .client(client)
        .addConverterFactory(GsonConverterFactory.create())
        .build();

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください