CGIKit2に挑戦する(1)

環境

Rubyのインストール手順

  1. Rubyのサイトからruby 1.8.2をダウンロードする。

  2. ダウンロードしたファイルを展開する。

    % tar xzvf ruby-1.8.2.tar.gz

  3. ファイルを展開すると、ruby-1.8.2のディレクトリができるので、移動する。

    % cd ruby-1.8.2

  4. ホームディレクトリにrubyディレクトリを作成する。
    このディレクトリにrubyをインストールします。

    % mkdir ~/ruby

  5. rubyをホームディレクトリにインストールする。

    % ./configure –prefix=$HOME/ruby
    % make
    % make install
    % make clean

  6. 動作を確認する。
    Rubyのバージョン番号が表示されたら、インストールは成功です。

    % ~/ruby/bin/ruby -v
    ruby 1.8.2 (2004-12-25) [i686-linux]

CGIKit2のインストール

インストールの方法は、CGIKitのサイトに詳しい説明があります。

  1. CGIKitのサイトから2.0.0-preview-1ダウンロードする。

  2. ダウンロードしたファイルを展開する。

    % tar xzvf cgikit-2.0.0-preview-1.tar.gz

  3. 展開するとcgikit-2.0.0-preview-1のディレクトリができるので、移動する。

    % cd cgikit-2.0.0-preview-1

  4. CGIKitをインストールする
    ホームディレクトリにインストールしたrubyにCGIKitをインストールします。

    % ~/ruby/bin/ruby setup.rb config
    % ~/ruby/bin/ruby setup.rb config

  5. 動作を確認する
    CGIKitがインストールされていることを確認します。

    % ~/ruby/bin/ruby -r cgikit -e ‘p CGIKit;p CGIKit::VERSION’
    CGIKit
    “2.0.0”

新規エントリーの書き方(1)

一般的な書き込みの手順

  1. ログイン画面(http://~/mt.cgi)にアクセスします。

  2. ユーザ名とパスワードを入力し[ログイン]ボタンを押します。
    正しく入力していれば、管理画面が表示されます。

  3. エントリーを登録するブログを選択します。

  4. 左のメニューから[新規エントリー]を選択します。

  5. [タイトル]欄と[エントリーの内容(body)]欄を入力します。

  6. 投稿の状態を[公開]にします。

  7. [確認]ボタンを押します。

  8. [このエントリーを登録する]ボタンを押します。

以上で、新規エントリーが登録されました。

左のメニューから[サイトの確認]をクリックすると、エントリーが登録されていることを確認できます。

DoteConv バージョン 1.5.5b

DoteConv バージョン 1.5.5b(ベータ版)を公開しました。

変更点のうち、「変換結果画面のデザインを変更」については、変換中のステーバスバーに無駄な領域があることが気になっていました。そこでプログレスバーをステーバスバーの上に配置しました。変換結果画面が見やすくなったと思います。

「変換中の画面のちらつきの減少」のちらつきの問題は、もしかするとバージョン1.5.5a(ベータ版)固有の問題かもしれません。不要な描画処理を省いて対処しました。

ご意見、ご感想、不具合報告をいただけると喜びます。

バージョン 1.5.5a

Doteconvのバージョン1.5.5a(ベータ版)の一番大きな変更点は、変換時のメモリ消費量の削減です。パラメータにもよりますが、50000件のメールを変換してもメモリ不足にならないと思います。

実は、バージョン1.5.xで追加している機能の多くは、バージョン1.6で実装する予定のタイマー機能の布石です。メモリ消費量の削減も、常駐するソフトがメモリを浪費してはいけないので、対応しました。

ダウンロードのページに書いた「内部的にいろいろ変えたので、思わぬところにバグがあるかもしれません。」も、タイマー機能の実装を見据えての内部的な変更による副作用の心配です。たぶん問題ないはずですけどね。