DoteConvTimer 0.0.1(ベータ公開)

とりあえず、[DoteConvTimer 0.0.1(ベータ公開) を公開しました。][1]

今後の予定としては、バージョン1.5.5c(ベータ版)をベースにしてバージョン1.5.6(正式版)を作成します。
バージョン1.5.6にDoteConvTimerの正式版を同封したものをDoteConv1.6.0にするつもりです。

[1]: http://www.gesource.jp/doteconv/timer/index.html

Movable Type3.17でHTMLAreaを使う(2)

[前回の続き][1]

ボタンの配置を変更して、デザインが崩れないように修正しました。

また、インストール作業が楽になるようにパッケージを作成しました。

* [Movable Type3.17用HTMLArea][2]

Internet Explorer6.0で「Enlarge Editor」のボタンを押すとエラーになりますが、元のサンプルでも同じ現象が出るので、移植に問題があったわけではないと思います。

[1]: http://www.gesource.jp/weblog/archives/2005/07/movable_type317htmlarea.html
[2]: http://www.gesource.jp/movabletype/mt-htmlarea.html

Movable Type3.17でHTMLAreaを使う

Movable Type3.17でHTMLAreaを使ってみました。

まず[ HTMLArea][1] をダウンロードして、展開します。

Movable Typeをインストールしたディレクトリにhtmlareaというディレクトリを作成します。

mt/
├docs/
├extlib/
├htmlarea/ ←作成する
├images/
├lib/
├php/
├plugins/
├schemas/
├search_templates/
├tmpl/
└tools/

展開したファイルを作成したhtmlareaディレクトリにコピーします。

こういう↓構成になります。(不要なファイルもありますが。)

mt/
└htmlarea/
└examples
├images/
├lang/
├plugins/
├popups/
├dialog.js
├htmlarea.css
├htmlarea.js
├index.html
├popupdiv.js
├popupwin.js
├reference.html
└release-notes.html

[テンプレートファイル][2] をダウンロードし、展開します。

Movable Typeをインストールしたディレクトリ配下のtmplディレクトリの下cmsのディレクトリの中にあるedir_entry.tmplを、展開したテンプレートファイルに差し替えます。

mt/
└tmpl/
└cms
└edit_entry.tmpl ←このファイルを差し替える

以上で、一応動作しています。

ですが、画面が乱れるので、もう少し手直しが必要です。

[1]: http://prdownloads.sourceforge.net/itools-htmlarea/HTMLArea-3.0-rc1.zip?download
[2]: http://www.gesource.jp/movabletype/20050709.tar.gz

DoteConv1.5.5c公開

[DoteConv1.5.5c(ベータ版)][1]を公開しました。
問題がなければ、ヘルプを更新して正式版にしたいと思います。

[DoteConvのチュートリアル][2]も作成しました。
基本的な使い方が一通りわかると思います。
このチュートリアルもヘルプに追加します。
[オンラインマニュアル][3]とチュートリアルの公開で、長らく問題だったドキュメントの不足も多少は改善されたと思います。

[1]: http://www.gesource.jp/doteconv/download.html
[2]: http://www.gesource.jp/doteconv/tutorial/index.html
[3]: http://www.gesource.jp/doteconv/manual/index.html
[4]: http://www.gesource.jp/doteconv/tutorial/index.html