WindowdとMacでマウスとキーボードを共有したい

複数のパソコン(WindowdやMac)を1組のマウスとキーボードで操作したい。
調べてみると次のソフトが有名らしい。

この2つのソフトを試してみた。

使用したパソコンのOSは以下の通り。

  • Windows 10 Fall Creators Update(16299)
  • macOS High Sierra(10.13.3)

ShareMouse

ShareMouseは基本機能を無料で試すことができる。
購入すると、より多くの機能を使えるようになる。

購入前に、動作を確認できるのはうれしい。

アプリをインストールしてみたところ、マウスの共有は問題なくできた。
キーボードも一部のキーを除き、共有できた。
なかなか快適だ。

問題は日本語入力ができないこと。
Windowsの変換キー・無変換キー・半角/全角キーをMacは認識できないし、Macのかなキー・英数キーをWindowsは認識できないようだ。

私はWindowsのIMEの設定を変更して、変換キーでIMEをオンに、無変換キーでIMEをオフにしている。
このように設定すると、WindowsでもMacでも同じようにIMEを操作できる。
しかし、ShareMouseではこの設定は活用できないようだ。

それでも、Windowsのキーボードを使ってMacで入力するときは、Ctrl+Shift+J/Ctrl+Shift+;キーでIMEのオン・オフが可能だった。
逆にMacのキーボードからWindowsのIMEをオン/オフする方法はわからなかった。

Windowsにマウスとキーボードをつないで操作すれば、使えそうだ。

WindowsにShareMouseを日本語設定でインストールした後、設定画面のヘルプボタンを押すと、http://www.lifeboat.jp/products/sm/manual.htmlが表示される。
サポートがちょっと不安になる。

Macにインストールした英語版のShareMouseのヘルプボタンは、http://www.keyboard-and-mouse-sharing.com/docs4/09/manual.phpを表示した。

Synergy

2018年7月15日修正しました。

最新版であるSynergy2は無料で試すことができないので、購入してみた。

その後、Synergy2が安定しないためベータ版に戻った(参考:Synergy 2 is back to beta)。
Synergy2のライセンス持っていればSynergy1が使えるので、Synergy1を使用することにした。
Synergy1でも、キーボード・マウス・クリップボードを共有でき、安定して動作している。

ShareMouseと同様、Windowsの変換キー・無変換キー・半角/全角キーをMacは認識できないし、Macのかなキー・英数キーをWindowsは認識できないようだ。

WindowsのAtokの設定を変更して、CTRL+Shift+Jで日本語入力を切り替えるように設定した。

Macをホストにして、WindowsではCTRL+Shift+Jで日本語入力の切り替えて使っている。

Synergy2が安定するのを期待して待っている。

その他の候補

Logicool Flowも1台のマウスとキーボードで複数のパソコンを操作できる。

ソフトウェアは無料。
なかなか良さそうだ。

ただし、Logicool Flowに対応したマウスやキーボードを使用する必要がある。
現時点では、Logicool Flowに対応したトラックボールはないのが残念だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください