FirebirdでRows句を利用して指定した範囲の行を取得する

Firebirdでは、指定した件数のみ取得したいときはROWS句を使用します。

SELECT <columns> FROM ... ROWS 取得件数

たとえば次のように記述します。

SELECT * FROM t1 ROWS 3;

上記の場合、先頭の行から3行目までを取得します。

指定した範囲の行を取得するときは ROWS ~ TO ~ を使用します。

SELECT * FROM t1 ROWS 開始位置 TO 終了位置

たとえば次のように記述します。

SELECT * FROM t1 ROWS 3 TO 5

上記の場合、3行目から5行目までの3行を取得します。

ROWS句はUPDATE文やDELETE文にも使用できます。

UPDATE t1 SET f1=100 ROWS 3 TO 5

DELETE FROM t1 ROWS 3 TO 5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください