旧Delphi/C++BuilderからUnicodeへのマイグレーションのノウハウとして「文字列の処理にMECSUtilsを使えるところはできるだけ使う」というはどうだろう。

旧Delphi/C++BuilderからUnicodeへのマイグレーションのノウハウとして「文字列の処理にMECSUtilsを使えるところはできるだけ使う」というはどうだろう。

MECSUtilsはAnsi/Unicodeの両方に対応しているので、MECSUtilsを使っている部分に関してはAnsi/Unicodeを気にする必要がない。よね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください