Delphiのフォーマッタ(コードの整形)でDataMoudleが壊れる

TDataMoudleにはClassGroupプロパティがあります。 このプロパティで、データモジュールがVCL用かFMX用かフレームワークに依存しないかを設定します。 たとえばTTimerコンポーネントはVCL用のVc …

Continue reading ‘Delphiのフォーマッタ(コードの整形)でDataMoudleが壊れる’ »

TMemIniFileに変更があれば自動的に保存する

Delphi 10.1 BerlinではTMemIniFileにAutoSaveプロパティが追加されました。 AutoSaveプロパティがTrueのときは、インスタンスの破棄時に変更があれば自動的に保存されます。 var …

Continue reading ‘TMemIniFileに変更があれば自動的に保存する’ »

Delphi 10.1 BerlinでDOSCommandコンポーネントを使う

TurboPackのDOSCommandコンポーネントは、バッチファイルを実行し、出力された文字を受け取ることができるコンポーネントです。 VCLアプリケーションとFireMonkeyアプリケーションの両方で使用できます …

Continue reading ‘Delphi 10.1 BerlinでDOSCommandコンポーネントを使う’ »

TStringListの要素を文字列の長さでソートする

DelphiのTStringListには、リスト内の文字列を昇順でソートするSortメソッドの他に、任意の条件でソートするCustomSortメソッドがあります。 TStringListのCustomSortメソッドを使 …

Continue reading ‘TStringListの要素を文字列の長さでソートする’ »

AFSoft さんの記事を読みやすくする HTML ファイル

Delphi/C++Builderには大量のコンポーネントが用意されています。 たくさんありすぎで、すべてのコンポーネントを把握するのは困難です。 使ったことのないコンポーネントもたくさんあります。 AFSoftさんのサ …

Continue reading ‘AFSoft さんの記事を読みやすくする HTML ファイル’ »

Delphi XE6のVCLフォームアプリケーションで、グリッドのセル入力に入力規則を適用する

グリッドのOnGetEditMaskイベントハンドラを記述すると、ユーザーがセルに入力できる有効な入力文字列を示す編集マスクをインプレースエディタに提供できます。 次のコードは、ユーザーが3列目を入力するときは編集マスク …

Continue reading ‘Delphi XE6のVCLフォームアプリケーションで、グリッドのセル入力に入力規則を適用する’ »

Windows Vista以降で使用できるVCLの機能のまとめ

Windows XPが終了して、Windows Vistaの新機能を気兼ねなく使用できるようになった。 ヘッダーコントロール(THeaderControl)にチェックボックスを表示する Windows Vista以降では …

Continue reading ‘Windows Vista以降で使用できるVCLの機能のまとめ’ »

Aeroのグラス効果でウィンドウを透けさせる

フォーム(TForm)のGlassFrameプロパティを設定すると、Aeroのグラス効果でウィンドウを透けさせることができます。 GlassFrameプロパティのEnabledプロパティをTrueにするとグラス効果が有効 …

Continue reading ‘Aeroのグラス効果でウィンドウを透けさせる’ »