MECSUtilsのMecsMappingFix_UnicodeToCP932関数によって、JIS→Unicode→Shift-JISで全角ハイフンが文字化けする問題が解決した

MECSUtils ver1.54では、文字コードを変換する時にハイフンを上手にマッピングしてくれる。 全角ハイフン(-)をJISからUnicodeへ、UnicodeからShift-JISへ変換すると、Shift-JIS …

Continue reading ‘MECSUtilsのMecsMappingFix_UnicodeToCP932関数によって、JIS→Unicode→Shift-JISで全角ハイフンが文字化けする問題が解決した’ »

Delphi XEとC++Builder XEで「々」の動作を確認しました。

.NET Framework 2.0以降では「々」の位置を間違えるらしい。(「愛が重ならない.NET Framework 2.0 – 新日々此何有哉」より。) Console.WriteLine(“{0}”, …

Continue reading ‘Delphi XEとC++Builder XEで「々」の動作を確認しました。’ »

旧Delphi/C++BuilderからUnicodeへのマイグレーションのノウハウとして「文字列の処理にMECSUtilsを使えるところはできるだけ使う」というはどうだろう。

旧Delphi/C++BuilderからUnicodeへのマイグレーションのノウハウとして「文字列の処理にMECSUtilsを使えるところはできるだけ使う」というはどうだろう。 MECSUtilsはAnsi/Unicod …

Continue reading ‘旧Delphi/C++BuilderからUnicodeへのマイグレーションのノウハウとして「文字列の処理にMECSUtilsを使えるところはできるだけ使う」というはどうだろう。’ »

C++Builder 2010によるひらがな・カタカナの変換

4/21 – Webセミナー「Delphi / C++Builder 旧バージョンからの移行」で質問があったひらがな・カタカナの変換方法。 C++ Builder Tipにも「全角・半角・ひらがな・カタカナの …

Continue reading ‘C++Builder 2010によるひらがな・カタカナの変換’ »

Windows2000における文字コードの問題がQCに入りました。是非Voteを。

DEKOさんがWindows 2000にバッファの計算ミスの件をQCに入れてくださりました。 ありがとうございます。 # 本来は私が行うべきところですが、英語が苦手なもので… WideCharToMultibyt …

Continue reading ‘Windows2000における文字コードの問題がQCに入りました。是非Voteを。’ »

UnicodeStringの波ダッシュ問題の回避策のまとめ

UnicodeStringをJISやEUC-JPに変換すると「~」が文字化けします。 UnicodeString uni = L”10~20″; AnsiStringT<50220> jis = uni; / …

Continue reading ‘UnicodeStringの波ダッシュ問題の回避策のまとめ’ »

文字コードがJISやEUC-JPの文字列をUnicodeStringに変換したときの波ダッシュ問題

UnicodeStringをJISやEUC-JPに変換するときの波ダッシュ問題は、 MECSUtilsのMecsMappingFixJA関数を使うことで解決します。 逆にJISやEUC-JPの文字列をUnicodeStr …

Continue reading ‘文字コードがJISやEUC-JPの文字列をUnicodeStringに変換したときの波ダッシュ問題’ »

UnicodeStringからJISコードへの変換時に起こる波ダッシュ問題の回避策

UnicodeStringをJISコードに変換すると「~」が文字化けします。 UnicodeString uni = L”10~20″; AnsiStringT<50220> jis = uni; //=&g …

Continue reading ‘UnicodeStringからJISコードへの変換時に起こる波ダッシュ問題の回避策’ »

Windows XPでWideCharToMultiByte関数を使い、ISO-2022-JPに変換するときの注意点

前回の記事「Windows 2000でWideCharToMultiByte関数を使うと、ISO-2022-JPのバイト数を間違う」では、 Windows 2000におけるWideCharToMultiByte関数の問題 …

Continue reading ‘Windows XPでWideCharToMultiByte関数を使い、ISO-2022-JPに変換するときの注意点’ »

Windows 2000でWideCharToMultiByte関数を使うと、ISO-2022-JPのバイト数を間違う

前回のUnicodeStringをJIS(ISO-2022-JP)に変換すると文字が減るの続き。 UnicodeStringをJISコードに変換すると文字が減るという問題です。 AnsiStringT<50220& …

Continue reading ‘Windows 2000でWideCharToMultiByte関数を使うと、ISO-2022-JPのバイト数を間違う’ »