MECSUtilsのMecsMappingFix_UnicodeToCP932関数によって、JIS→Unicode→Shift-JISで全角ハイフンが文字化けする問題が解決した

MECSUtils ver1.54では、文字コードを変換する時にハイフンを上手にマッピングしてくれる。 全角ハイフン(-)をJISからUnicodeへ、UnicodeからShift-JISへ変換すると、Shift-JIS …

Continue reading ‘MECSUtilsのMecsMappingFix_UnicodeToCP932関数によって、JIS→Unicode→Shift-JISで全角ハイフンが文字化けする問題が解決した’ »

旧Delphi/C++BuilderからUnicodeへのマイグレーションのノウハウとして「文字列の処理にMECSUtilsを使えるところはできるだけ使う」というはどうだろう。

旧Delphi/C++BuilderからUnicodeへのマイグレーションのノウハウとして「文字列の処理にMECSUtilsを使えるところはできるだけ使う」というはどうだろう。 MECSUtilsはAnsi/Unicod …

Continue reading ‘旧Delphi/C++BuilderからUnicodeへのマイグレーションのノウハウとして「文字列の処理にMECSUtilsを使えるところはできるだけ使う」というはどうだろう。’ »

MECSUtils 1.50がリリースされています。

「DEKOのざつだん。」によると、MECSUtils 1.50をリリースされたとのこと。 全角・半角・ひらがな・カタカナ・大文字・小文字などの変換を行う「MecsStrConv 関数」が追加されています。

MECSUtilsのUTF32ToUTF16で文字数が変わる

「MECSUtilsのUTF32ToUTF16で文字数が変わります」とDEKOの掲示板に書き込んだら、丁寧な回答をいただきました。 ありがとうございました。 質問内容は、次のコードを実行すると文字数が変わります。というも …

Continue reading ‘MECSUtilsのUTF32ToUTF16で文字数が変わる’ »

UnicodeStringの波ダッシュ問題の回避策のまとめ

UnicodeStringをJISやEUC-JPに変換すると「~」が文字化けします。 UnicodeString uni = L”10~20″; AnsiStringT<50220> jis = uni; / …

Continue reading ‘UnicodeStringの波ダッシュ問題の回避策のまとめ’ »

文字コードがJISやEUC-JPの文字列をUnicodeStringに変換したときの波ダッシュ問題

UnicodeStringをJISやEUC-JPに変換するときの波ダッシュ問題は、 MECSUtilsのMecsMappingFixJA関数を使うことで解決します。 逆にJISやEUC-JPの文字列をUnicodeStr …

Continue reading ‘文字コードがJISやEUC-JPの文字列をUnicodeStringに変換したときの波ダッシュ問題’ »

UnicodeStringからJISコードへの変換時に起こる波ダッシュ問題の回避策

UnicodeStringをJISコードに変換すると「~」が文字化けします。 UnicodeString uni = L”10~20″; AnsiStringT<50220> jis = uni; //=&g …

Continue reading ‘UnicodeStringからJISコードへの変換時に起こる波ダッシュ問題の回避策’ »

C++Builder 2010のIndyでメール送信について

C++Builder 2010のTIdMessageは、プロパティのCharSetとContentTransferEncodingから、適切に文字コードを変換してエンコードしてくれるようになった。 これによって、C++B …

Continue reading ‘C++Builder 2010のIndyでメール送信について’ »