RAD Studio XE8のGetItでライブラリをインストールしてみる

RAD Studio XE8のGetItでBoostをインストールしてみました。 メニューの「ツール」→「GetIt…」を選択します。 GetItのウィンドウが表示されます。 「Boost 1.39 1.55 …

Continue reading ‘RAD Studio XE8のGetItでライブラリをインストールしてみる’ »

C++のboost::filesystemでファイルやディレクトリを操作する

C++のboost::filesystemでファイルやディレクトリを操作する方法。 ファイルのコピー #include <boost/filesystem/path.hpp> #include <boo …

Continue reading ‘C++のboost::filesystemでファイルやディレクトリを操作する’ »

boost::splitで文字列を分割する

よくある文字列の分割処理は、boost::splitを使うと簡単です。 boost::splitの引数 boost::splitは3つの引数をとります。 出力シーケンス 入力コレクション 区切り文字を判断する述語 boo …

Continue reading ‘boost::splitで文字列を分割する’ »

boost::assignでコンテナに要素を追加するコードを簡潔に記述する

boost::assignを使うと、コンテナに要素を追加するコードを簡潔に記述することができます。 必要なヘッダ #include <boost/assign.hpp> 一般的にstd::vectorに要素を …

Continue reading ‘boost::assignでコンテナに要素を追加するコードを簡潔に記述する’ »

boost::operatorsで演算子を自動的に定義する

boost::operatorsを使うと、主要な演算子を定義するだけで、残りの演算子を自動的に定義することができます。 ヘッダファイル #include <boost/operators.hpp> boost …

Continue reading ‘boost::operatorsで演算子を自動的に定義する’ »

boost::noncopyableでコピー禁止のクラスを作る

C++では、クラスを書くとコピーコンストラクタと代入演算子が自動的に定義されます。 boost::noncopyableを使うと、コピーコンストラクタと代入演算子をprivateに定義することで、コピーのできないクラスに …

Continue reading ‘boost::noncopyableでコピー禁止のクラスを作る’ »

boost::tieで、std::pairやboost::tupleの値を取得する

一般的に、std::pairの値を取得するにはfirstとsecondを使います。 #include <map> #include <string> std::pair<int, std:: …

Continue reading ‘boost::tieで、std::pairやboost::tupleの値を取得する’ »

Boost C++ Librariesプログラミング

Boost C++ Librariesプログラミング 図書館で借りて読みました。 良い本でしたので購入する予定です。 C++ Builder 2009にはBoost C++ Librariesのバージョン1.35が入って …

Continue reading ‘Boost C++ Librariesプログラミング’ »

正規表現ライブラリ std::tr1::regex

C++ TR1には正規表現ライブラリが含まれます。 C++Builder 2009で試してみたところ、std::tr1::regexを使用できました。 #include <iostream> #include …

Continue reading ‘正規表現ライブラリ std::tr1::regex’ »

数値と文字列の相互変換を行う boost::lexical_cast

C++Builder 2009からBoostが標準添付されて、とても使いやすくなりました。 boost::lexical_castは、数値と文字列の相互変換を行う関数です。 型によって関数を使い分ける必要がなく、同じよう …

Continue reading ‘数値と文字列の相互変換を行う boost::lexical_cast’ »