オブジェクト指向分析/設計では、データベースをどのように設計するのだろうか

オブジェクト指向分析/設計では、データベースをどのように設計するのだろうか。 ■オブジェクト指向分析/設計(OOAD)のアーキテクチャ まず、オブジェクト指向分析/設計(OOAD)のアーキテクチャを見てみましょう。 『U …

Continue reading ‘オブジェクト指向分析/設計では、データベースをどのように設計するのだろうか’ »

継続的インテグレーション入門 開発プロセスを自動化する47の作法

『継続的インテグレーション入門 開発プロセスを自動化する47の作法』は、継続的インテグレーションの実践的な入門書です。 複数人のチームでアジャイル開発をするなら、おさえておきたいノウハウです。 継続的インテグレーションに …

Continue reading ‘継続的インテグレーション入門 開発プロセスを自動化する47の作法’ »

アジャイル開発に適した契約とは

『リーンソフトウエア開発~アジャイル開発を実践する22の方法~』を読んで、アジャイル開発に適した契約について考えた。 一般的である定額契約(一括請負契約)は、アジャイル開発に不適なのは言うまでもない。 定額契約(一括請負 …

Continue reading ‘アジャイル開発に適した契約とは’ »

日本のソフトウェア産業がいつまでもダメな理由

『日本のソフトウェア産業がいつまでもダメな理由』 人月でビジネスをしているITベンダー(SIer)はダメだ。 という話。 解決策としては、 ダメな会社は辞めよう。 ということか。 座談会をまとめて一冊の本にしたらしい。 …

Continue reading ‘日本のソフトウェア産業がいつまでもダメな理由’ »

BEST SOFTWARE WRITING

『BEST SOFTWARE WRITING』を読みました。 理屈ばっかりの眠たくなるような本ではなくて、良いストーリーで楽しく読むことができました。 示唆に富む話が多く、勉強になりました。 一つは、今更ながらJavaの …

Continue reading ‘BEST SOFTWARE WRITING’ »

ヒューマンエラーを防ぐ知恵

ソフトウェアのインターフェースをよりよくする方法を学ぶために、本書を読みました。 ソフトが使いやすくなれば、顧客満足度を高めることができますし、サポートコストも削減できるからです。 この本『ヒューマンエラーを防ぐ知恵』は …

Continue reading ‘ヒューマンエラーを防ぐ知恵’ »

IT失敗学の研究―30のプロジェクト破綻例に学ぶ

IT失敗学の研究―30のプロジェクト破綻例に学ぶ 本書は、31件の情報化の失敗プロジェクトを分析し、失敗の原因を究明し、防止策を考える。 ユーザー企業の経営者・担当者、ベンダーのSEは、非常に参考になるだろう。 ユーザー …

Continue reading ‘IT失敗学の研究―30のプロジェクト破綻例に学ぶ’ »

チェンジ・ザ・ルール!

チェンジ・ザ・ルール! 要点は次の2つ。 ITの利益を享受するには、IT導入前のルールを変えなくてはならない。 ソフト会社はテクノロジーだけでなく、バリューを提供するのだ。 ソフト会社やソフトウェアの導入を検討している会 …

Continue reading ‘チェンジ・ザ・ルール!’ »

コードコンプリート (下)

コードコンプリート (下) 本書は、数多くの研究結果や経験から導き出されたコンストラクションのベストプラクティスを解説する。 本書を読んで驚いたのが、話題がかなり新しいことである。エクストリームプログラミングやテストファ …

Continue reading ‘コードコンプリート (下)’ »

CODE COMPLETE 第2版(上)

CODE COMPLETE 第2版(上)を読了しました。 一言で言うと、本書はプログラミングの総合ガイドです。 章の終わりにはたくさんの参考資料が紹介されているので、より知識を深めたいときには役に立ちそうです。 第1部「 …

Continue reading ‘CODE COMPLETE 第2版(上)’ »